スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サウンドスタジオ フェスタ
[ 音楽リハーサルスタジオ・スクール・PA・機材レンタル・ギターベース修理 ]
新所沢店_西武新宿線[ 新所沢駅 ] より徒歩2分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バンド紹介!

皆様こんにちは。スタッフの那須です。
今回はフェスタスタッフ鈴木君のバンド紹介です!

写真4

不器用な天才が率いる孤高のバンド
「HOME IS A FIRE」
オルタナティブエレクトロな独特の世界観がステキです。

8/20(水)に横浜BBにてライブがあるそうですので
気になる方は遊びに行ってみてください〜〜〜!!

8/27から1stミニアルバムが全国発売されます。
フェスタで視聴できますので気になる方はお声掛け下さい!

imagess.jpeg


http://homeisafire.com/

スポンサーサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サウンドスタジオ フェスタ
[ 音楽リハーサルスタジオ・スクール・PA・機材レンタル・ギターベース修理 ]
新所沢店_西武新宿線[ 新所沢駅 ] より徒歩2分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユーライア・ヒープ

いつもありがとうございます。「マネージャー・U」です。

不要不急情報とりとめも無く、綴ってまいります。

さて、今回は「ユーライア・ヒープ ( Uriah Heep )」の巻。バンド名です。
70年代初頭活躍した、そして中2の時ファンになったブリティッシュロックバンドです。
日本ではレッドZepやDeepパープルはメイン。対してサブ的(女の子が絶叫するようなバンドではなく、主に男性がリスナーだったせいでしょうか?)ですが、まぎれもなく特筆されるバンドです。
そのサウンドは当時の表現で「ヘビー・ロック」。
重厚感・混濁感と浮遊感・透明感が一体となり、例えて言えば泥中根から咲く蓮の華を
イメージさせます。
また、教会音楽的な荘厳さ、ダークでウェットな英国感を土台にロックンロール、ブギウギは勿論、フォークソング的素朴さ、ラテン的ハードさ、さらにはジプシー音楽的妖しさも併せ持ちます。(これらは後のプログレッシヴロックに通じます。)
日本のバンドではついぞ出せない ” 西洋音 ” を感じます。
その代表作がこれ

uriah3.jpg

「Look At Youself (対自核) 」(1971)

1. 対自核  Look At Yourself  5:08
2. 自由への道  I Wanna Be Free   4:00
3. 7月の朝  July Morning  10:32
4. 瞳に光る涙  Tears In My Eyes   5:00
5. 悲嘆のかげり  Shadows Of Grief  8:41
6. 当為  What Should Be Done  4:14
7. ラヴ・マシーン  Love Machine   3:38

1の表題曲、および3、4は歴史的名曲(私見です)。

機会ありましたら是非ご一聴ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サウンドスタジオ フェスタ
[ 音楽リハーサルスタジオ・スクール・PA・機材レンタル・ギターベース修理 ]
新所沢店_西武新宿線[ 新所沢駅 ] より徒歩2分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。